気になるコーヒーカプセルのゴミの処理

  • デカフェとその作り出し方

    • デカフェと言うのはカフェインレスコーヒーなどのようにカフェインを取り除いた飲み物全般のことで、コーヒーだけではなく紅茶やお茶、コーラなどのカフェインレスのこともデカフェです。



      健康志向の方や妊婦などカフェインを避けたいけれどコーヒーなどは飲みたいと言う人に広く愛飲されており、日本でも広がりを見せてきています。コーヒーなどからどうやってデカフェを作り出すのかと言うと、その方法には大きく分けて2つありカフェインが存在しないコーヒーの木を育ててその木からコーヒーを収穫する方法、生産されたコーヒー豆から薬などを用いてカフェインを抜く方法があります。カフェインが存在しない木という方法はまだ研究段階で実用はされていないので、実質的には薬を用いる方法でデカフェが作り出されています。
      この薬と言うのはカフェインを溶かすことができるジクロロメタンなどの薬品を用いますが薬だけでカフェインを取り除く場合はカフェイン以外の成分も失われることが多いので味が落ちてしまうことも多いです。その他には水と薬を使う方法があり、水に溶ける成分を生豆から取り出してその中のカフェインを薬で失くした後に生豆に戻します。

      特徴のある朝日新聞デジタルについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

      この時用いられる薬は有機溶媒で生豆に直接薬が触れることがなく、カフェイン以外の成分が失われにくいので味も普通のコーヒーに近くなります。
      薬を使わない方法には二酸化炭素を使うものがあり、圧力を温度を一定以上加えて二酸化炭素でカフェインを取り除きます。



      常温に戻すことで二酸化炭素が除去されますし、毒性がなく薬などを使用しないため味も劣らず安全性も高い方法でデカフェを作り出すことができます。